食生活と生活習慣病との関係

サイトマップ

・食生活と生活習慣病との関係
生活習慣病にならないためにもやはり三食きちんとバランスのいい食事を食べること
を心がけなければなりません。

生活習慣病と食生活はとても密接な関係があります。

高血圧、糖尿病、動脈硬化といった病気の場合には生活習慣病が原因で発病すると
一般的には、いわれていますね。

かつ、原因が食生活である可能性は高いのです。

食生活が欧米化されつつある日本の不規則な食事の時間帯、栄養バランスが偏りが
原因です。

普段から生活習慣病の食生活の見直しとして気をつければ予防ができます。

現在、欧米化傾向の食事ですが、日本の昔からの和食がやはり生活習慣病の
予防としては、和食中心の食事に代えて三食しっかりと食べて規則正しい
時間の食事をするというのが生活習慣病予防のための食生活になりますね!

食生活は昭和時代に比べると乱れつつあるといわれています。
塩分を取りすぎた場合には生活習慣病の高血圧になります。

タバコをやめることができなかったり、お酒は飲みたくてもたくさん飲んでいません。
できたら、タバコはやめた方がいいです。

お酒も量を守って飲まなければ生活習慣病につながってしまいます。
生活習慣病では毎日の規則正しい生活も大切なポイントになってきます。

生活習慣病はたばこやお酒も関係してくるのですが、煙草の本数やお酒の量を
押さえましょう!

また睡眠不足が毎日のように続いているとか、休みをしっかりととっていないとか、
何か悩み事があるとか、くよくよしているとよくまわりの人から言われているという人は、
生活習慣病になりやすい生活を送っていることになります。

生活習慣病にならないためにも、日常生活を改善していかなくてはいけません。

またストレスも生活習慣病に影響を与えるといわれていますが、ストレスがたまると
生活習慣病になる可能性が高くなりますね。



「食生活と生活習慣病との関係」について

食生活と生活習慣病との関係とは